particle

Audio-Technica Excellence

音から生まれる感動を、ありのままに伝えたい。1962年、オーディオテクニカのモノづくりは、このシンプルでひたむきな思いから始まりました。この理念は、当社初の製品であるMM型ステレオ・カートリッジAT-1に始まり、数々の賞に輝いたカートリッジやマイクロホン、ヘッドホンに至るまでの50余年にわたる歴史のなかで、連綿と受け継がれてきました。オーディオテクニカのトランスデューサーやカートリッジの技術は、その工学的な緻密さや音質だけではなく、多くの人に音を聴く楽しさを提供できる性能が、国内外で高い評価を受けています。そして今、リスニング環境をさらなる高みへと引き上げてくれるカートリッジの登場で、オーディオテクニカの歴史に新たな章が幕を開けます。オーディオテクニカ AT-ART1000、誕生。オーディオテクニカ・エクセレンスへ、ようこそ。

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05

AT-ART1000

Direct Power Stereo MC Cartridge

Introduction

オーディオテクニカの新基準であるダイレクトパワーステレオMCカートリッジAT-ART1000は、オーディオファンに最高峰のリスニング環境をお届けするために、「エクセレンス」プログラムの一環として日本で開発、設計されました。この新しいフラッグシップ機は、オーディオテクニカ史上、もっとも洗練されたカートリッジ。1962年のカートリッジAT-1発売以来、54年の長きにわたり培ってきたアナログオーディオ技術の知識とノウハウを、最先端の素材と設計に融合させることで実現しました。

Direct Power System

ダイレクトパワー方式

日々音質を追求し続けている当社では、アナログにおける最高峰のリスニング環境をお届けするため、ダイレクトパワー方式を開発しました。理論上、理想的であると考えられながらも、緻密な生産技術を求められるがゆえ、量産は不可能とされてきた画期的な構造に果敢に挑戦し、創業当初より長年培った独自のアナログ技術を駆使して製品化に成功しました。

本製品は発電コイルをスタイラスチップの真上に配置する、独自のダイレクトパワ一方式を採用したMCカートリッジです。発電コイルをカンチレバーの根元に配置する従来方式と比べ、カンチレバーの長さや材質に起因する音質への影響を抑制できます。 これまで表現が難しかった音の細部まで生々しく描写し、かつてない高忠実度再生を実現します。

dps_img_01

Stylus and Cantilever

スタイラスチップとカンチレバー

スタイラスチップとカンチレバーは、トップクラス製品に使われる特殊ラインコンタクト針とソリッドボロンカンチレバーを採用しています。レコードの音溝から多くの情報を拾い上げる、高性能な仕様です。

Design details

構 造

コイル材にはφ20μm のPCOCC 線を用い、φ0.9mm で8 ターン巻いた空芯コイルを採用。わずか0.6mm の強力な磁気回路中のギャップに配置することで、空芯型でありながら、コイルインピーダンス3Ωで0.2mV の出力電圧を獲得しています。

Body

ボディ

専用磁気回路と振動系を支えるベース部には、チタン削り出し材を採用しています。硬質かつ音響的な響きの良さを持つチタン材は、切削加工に大変な手間とコストがかかるため、当社カートリッジの中でも最高級機のみに使われています。また、ハウジングにはアルミニウム、カバーには硬質樹脂材と、素材の異なる組み合わせにより音質に悪影響を与える寄生共振を分散しています。

Technical specifications

テクニカルデータ

型式 ダイレクトパワー方式、
空芯MC型
再生周波数範囲 15~30,000Hz
出力電圧 0.2mV (1kHz、5cm/sec.)
チャンネルセパレーション 30dB (1kHz)
出カバランス 0.5dB (1kHz)
針圧 ダイレクトパワ一方式では、カートリッジに針圧をかけることで、コイルが磁気回路に入り込み発電することができます。生産時に製品を1台ずつ検査・調整し、出力電圧やチャンネルセパレーションが 最適になる針圧を確認した上で、その値を標準針圧に設定しています。よって固体ごとに針圧の適正値が異なる、まさにハンドメイドならではのこだわりです。
コイルインピーダンス 3Ω(1kHz)
直流抵抗
負荷抵抗 30Ω以上(ヘッドアンプ接続時)
コイルインダクタンス 1μH(1kHz)以下
スタチックコンプライアンス 30×10-6cm/dyne
ダイナミックコンプライアンス 12×10-6cm/dyne (100Hz)
針先形状 特殊ラインコンタクト
カンチレバー Φ0.26mm ソリッドボロン
垂直トラッキング角 21°
外形寸法 17.3mm×17.0mm×25.5mm
(H×W×D)
質量 11g
付属品 ・ケース(木箱)
・非磁性体ドライバー
・ワッシャー×2
・プロテクター
・ナット×2
・カートリッジ取り付けビス
 (12mm×2、18mm×2)
・ブラシ
・PCOCCリード線セット

AT-ART1000注文可能部品

parts_close
プロテクターART1000 (税抜) ¥400
スタイラスブラシSHORT (税抜) ¥300
付属品セットART1000
カートリッジ取り付けビス(12mm×2・18mm×2)、ワッシャー×2、ナット×2、非磁性体ドライバー
(税抜) ¥1,500
ダミーシェルスモーク (税抜) ¥300
ダミーシェル用ビス一式ART1000 (税抜) ¥370

*ご購入のご検討を頂きありがとうございます。
ご注文はAT-ART1000をご購入の特約店または当社サービスセンターへ
お問い合わせいただきますよう、お願いいたします。

オーディオテクニカサービスセンター (平日9:00~17:30)
TEL 0120-887-416 
携帯電話・PHSなどのご利用は TEL 03-6746-0212
Eメール servicecenter@audio-technica.co.jp

STORE

AT-ART1000 取扱特約店一覧

【北海道・東北地方】
CAVIN大阪屋 〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西3丁目
TEL 011-221-0181  FAX 011-271-1833
ホームページ http://www.osakaya.com/
お問い合わせ先  https://www.ssl-site.jp/~osakaya/cart/contact/contact_form.html
サウンドスペース 帯広本店 〒080-0025 北海道帯広市西15条南1丁目1-6
TEL 0155-35-5654  FAX 0155-35-6643
ホームページ http://www.f-soundspace.com/
お問い合わせ先  sound@aleis.net
仙台のだや 〒980-0023 宮城県仙台市青葉区北目町2-3
TEL 022-266-7761  FAX 022-213-7656
ホームページ http://www.sendai-nodaya.jp
お問い合わせ先  sendai-nodaya@cotton.ocn.ne.jp
AUDIO LAB 〒997-0032 山形県鶴岡市上畑町5-27
TEL 0235-22-1224  FAX 0235-23-9412
ホームページ http://www.audiolab.co.jp/
お問い合わせ先  http://audiolab.co.jp/about-sales_commodity.html
のだや郡山本店 〒963-8871 福島県郡山市本町1-3-8
TEL 024-932-0254  FAX 024-932-0204
ホームページ http://www.audio-nodaya.com/shop/
お問い合わせ先  koriyama@audio-nodaya.com
【関東地方】
カマニ 吉川本店 〒342-0050 埼玉県吉川市栄町1392-2
TEL 048-981-4344  FAX 048-981-4358
ホームページ http://www.stereo.co.jp/
お問い合わせ先  kamani@stereo.co.jp
サウンドハイツ 〒290-0142 千葉県市原市ちはら台南1-2-14
TEL 0436-74-5141  FAX 0436-74-3314
ホームページ http://www.soundheights.co.jp/
お問い合わせ先  https://www.soundheights.co.jp/contact/
オーディオユニオン お茶の水アクセサリー館 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2-1 4F
TEL 03-3295-3103  FAX 03-3294-6141
ホームページ http://www.audiounion.jp
お問い合わせ先  accessory@audiounion.jp
テレオン SOUND110 〒101-0021 東京都千代田区外神田 1-3-11
TEL 03‐3251‐5535  FAX 03-3253-4506
ホームページ https://tereon.co.jp/shop2/
お問い合わせ先  https://tereon.co.jp/contact-mail/
ダイナミックオーディオ5555 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-1-18
TEL 03-3253-5555  FAX 03-3253-5556
ホームページ http://www.dynamicaudio.com/
お問い合わせ先  kawamata@dynamicaudio.co.jp
ビックカメラ 有楽町店 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-11-1
TEL 03-5221-1111  
ホームページ http://www.biccamera.co.jp/shoplist/shop-014.html
 
ヤマダ電機 LABI1 日本総本店 池袋 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-5-7
TEL 03-5958-7770  FAX 03-5958-7776
ホームページ http://www.yamada-denki.jp/store/contents/?d=7
 
ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba 〒101-0028 東京都千代田区神田花岡町1-1
TEL 03-5209-1010  
ホームページ http://www.yodobashi.com/ec/store/0018/index.html
 
オーディオスクエア トレッサ横浜店 〒222-0002 神奈川県横浜市港北区師岡町700 トレッサ横浜南棟3階 ノジマ トレッサ横浜店内
TEL 045-533-5629  FAX 045-533-5630
ホームページ http://online.nojima.co.jp/ec/shop/2/info/
 
【中部地方】
アンティフォン 〒921-8005 石川県金沢市間明町1丁目29
TEL 076-292-1475  FAX 076-292-1476
ホームページ http://www.antiphon.co.jp/web/
お問い合わせ先  http://www.antiphon.co.jp/inquiry/
ロイヤルオーディオ 〒390-0815 長野県松本市深志2丁目5番7号
TEL 0263-35-2219  
ホームページ http://www.royal-audio.co.jp/index.html
お問い合わせ先  info@royal-audio.co.jp
ノムラ無線 〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3丁目30番86号
TEL 052-263-1660  FAX 052-242-1906
ホームページ http://www.nomura-musen.com/
お問い合わせ先  http://www.nomura-musen.com/contact/index.html
椿テレビ商会 〒430-0941 静岡県浜松市中区山下町157
TEL 053-471-8181  FAX 053-472-9841
ホームページ http://www.tsubakiaudio.co.jp/
 
【近畿地方】
シマムセン 〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4-8-11
TEL 06-6632-2851  FAX 06-6632-2540
ホームページ http://www.shimamusen.co.jp/
お問い合わせ先  http://www.shimamusen.com/html/email.html
上新電機 日本橋1ばん館 〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋5-1-11
TEL 06-6634-2111  
ホームページ http://shop.joshin.co.jp/shopdetail.php?cd=0930
 
サウンドラインモノリス 〒649-6253 和歌山県岩出市紀泉台392-53
TEL 0736-63-4320  FAX 0736-63-4320
ホームページ http://www.soundline-monolith.com/
お問い合わせ先  http://www.soundline-monolith.com/?page_id=37
【中国・四国地方】
エディオン 広島本店 〒730-8620 広島県広島市中区紙屋町2-1-18  
TEL 082-509-1110  
ホームページ https://my.edion.jp/search/detail.php?sc=00100&tp=1
 
シンフォマージ 〒770-0021 徳島県徳島市佐古一番町11-5
TEL 088-655-8467  
ホームページ http://symphomagi.moo.jp/
お問い合わせ先  http://www.symphomagi.com/information/
【九州地方】
アートクルー 〒814-0002 福岡県福岡市早良区西新7丁目1-9
TEL 092-842-2555  FAX 092-842-2556
ホームページ http://www.artcrew.co.jp/
お問い合わせ先  artcrew@nifty.com
マックスオーディオ 〒803-0846 福岡県北九州市小倉北区下到津5-1-35
TEL 093-591-0469  FAX 093-582-7500
ホームページ http://www.maxaudio.co.jp/
お問い合わせ先  kokura@maxaudio.co.jp

*特約店の掲載順は、都道府県別五十音順となっております。

Cartridge Rebuild Programme

カートリッジ修理プログラム

ご購入いただいたお客様に末永く製品をご使用いただけるよう、AT-ART1000専用の有償修理プログラムをご用意しております。本修理プログラムでは、スタイラスチップ、カンチレバー、コイルやダンパーといった振動系部品全体を、一点一点丁寧に交換いたします。

particle

©2016 audio-technica corporation. All rights reserved.